logo バナーダミー
専門学校新聞ニュース
進路指導の課題と実践
専門学校の賢い選び方
専門学校何でも用語事典
職業カタログ
資格カタログ
専門学校カタログ
リンク集
年間購読申し込み
専門学校新聞社プロフィール
 
■学校基本調査
■イベントナビ
■「私のしごと」作文コンクール
 
株式会社専門学校新聞社
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場
3-20-11
TEL(03)3364-5721
FAX(03)3360-6738
E-Mail:info@senmon.co.jp
専門学校新聞社のあゆみ

専門学校新聞社のあゆみ
(写真をクリックすると拡大します)

1979年(昭和54年)12月日本教育リサーチセンター設立
1980年(昭和55年)2月法人登記、資本金100万円
4月「専門学校新聞」創刊
8月第3種郵便物認可
1983年(昭和58年)1月創刊3周年記念パーティー開催
6月専門学校教育の身近な情報紙の発行所に相応しい社名として
「日本教育リサーチセンター」を「専門学校新聞社」に改称
1985年(昭和60年)1月専修学校制定10周年並びに専門学校新聞創刊5周年特大号発行
2月「専門学校新聞」創刊5周年記念パーティー開催
7月オーエス出版社より「専門学校=良い校・悪い校・普通の校」発行
1988年(昭和63年)7月専門学校新聞ニュースグラフ「ビーエイブル」創刊
1989年(平成元年)11月第1回全国生涯学習フェスティバル(千葉県)に出展
1990年(平成2年)1月オーエス出版社より「専門学校がよくわかる本」発行
2月「専門学校新聞」創刊10周年の夕べ開催
1992年(平成4年)4月商法の改正により資本金を1000万円に増資
9月専門学校新聞ニュースグラフ「ビーエイブル」創刊5周年を機に、
「全国専門学校年鑑」に体裁を一新
1995年(平成7年)7月専修学校制度法制化20周年特大号発行
1996年(平成8年)10月「高等教育――21世紀へのシナリオ」特別セミナー開催
11月専門学校新聞社のホームページ開設、専門学校関係の最新ニュースを
インターネットで公開
2000年(平成12年)5月「専門学校新聞」創刊20周年記念号発行
2002年(平成14年)11月専門学校関係の資料や写真を収集した「資料館」完成
2003年(平成15年)4月ホームページをリニューアルし「Sengaku-net」で内容一新
2005年(平成17年)5月専門学校新聞創刊25周年記念/全国高校生・高等専修学校生
『私のしごと』作文コンクール創設
8月専修学校法制化30周年特集号発行
9月「専修学校制度30周年記念展」を一週間の日程で
新宿駅西口広場イベントコーナーで開催。小社が企画・運営を担当
第1回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール表彰式
(主催/専門学校新聞社)
▽job大賞(最優秀賞)は武蔵野東技能高等専修学校2年の宮本成敦さんに
2006年(平成18年) 10月 第18回全国生涯学習フェスティバル臨時増刊号発行
第18回全国生涯学習フェスティバル(茨城県)に出展
第2回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール表彰式
(主催/専門学校新聞社)
▽文部科学大臣賞(最優秀賞)は沖縄県立石川高等学校2年の松井彩さんに
11月 第2回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール臨時増刊号発行
専門学校新聞社の社員・社友が若者の職業観、勤労観の育成を図る目的で、
特定非営利活動法人「仕事への架け橋」を設立
2007年(平成19年) 10月 第3回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール表彰式
(主催/NPO法人仕事への架け橋、特別共催/専門学校新聞社)
▽文部科学大臣賞(最優秀賞)は広島県立西条農業高等学校3年の鹿島友輔さんに
第19回全国生涯学習フェスティバル臨時増刊号発行
11月 第3回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール臨時増刊号発行
2008年(平成20年) 10月 第20回全国生涯学習フェスティバル臨時増刊号発行
第4回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール表彰式
(主催/NPO法人仕事への架け橋、
 特別共催/共立メンテナンス、日本ドリコム、専門学校新聞社)
▽文部科学大臣賞(最優秀賞)は富山県立高岡工芸高等学校1年の石坂真実さんに
2009年(平成21年) 10月 第21回全国生涯学習フェスティバル(埼玉県)に出展
第5回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール表彰式
(主催/NPO法人仕事への架け橋、
 特別共催/共立メンテナンス、日本ドリコム、専門学校新聞社)
▽文部科学大臣賞(最優秀賞)は静岡県立磐田農業高等学校3年の石本駿輔さんに
第5回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール臨時増刊号発行
2010年(平成22年) 10月 第6回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール表彰式
(主催/NPO法人仕事への架け橋、
 特別共催/共立メンテナンス、日本ドリコム、専門学校新聞社)
▽文部科学大臣賞(最優秀賞)は静岡県立下田高等学校南伊豆分校3年の石井元さんに
11月第6回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール臨時増刊号発行
2011年(平成23年) 10月 第7回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール表彰式
(主催/NPO法人仕事への架け橋、
 特別共催/共立メンテナンス、日本ドリコム、専門学校新聞社)
▽文部科学大臣賞(最優秀賞)は宮城県農業高等学校1年の相澤和久さんに
11月第7回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール臨時増刊号発行
2012年(平成24年) 3月 ラジオ日本「みんなの作文」で、
第7回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール・文部科学大臣賞の
相澤和久さんの作文紹介
5月農林水産省の「平成23年度食料・農業・農村の動向」(農林水産白書)で、
第7回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクールにおいて優秀賞を受賞した
宮城県農業高校の佐藤禎俊さんの作品紹介
7月小峰書店から『大震災 日本列島が揺れた〜高校生・高等専修学校生75人の記録〜』
(NPO法人仕事への架け橋編)発行
10月 第8回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール表彰式
(主催/NPO法人仕事への架け橋、
 特別共催/共立メンテナンス、日本ドリコム、専門学校新聞社)
▽文部科学大臣賞(最優秀賞)は群馬県立中之条高等学校2年の蜂須賀司さんに
『大震災 日本列島が揺れた〜高校生・高等専修学校生75人の記録〜』出版記念
「3・11/被災地早期復興祈念の夕べ」開く
(NPO法人仕事への架け橋、専門学校新聞社共催)
11月第8回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール臨時増刊号発行
2013年(平成25年) 3月 つながろう!! 陸前高田To高田馬場「被災地から学ぶバスツアー」実施
(NPO法人仕事への架け橋、専門学校新聞社共催)
10月 第9回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール表彰式
(主催/NPO法人仕事への架け橋、
 特別共催/共立メンテナンス、日本ドリコム、専門学校新聞社)
▽文部科学大臣賞(最優秀賞)は群馬県立中之条高等学校3年の長壁徹郎さんに
11月第9回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール臨時増刊号発行
2014年(平成26年) 11月 第10回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクールの表彰式が
赤池誠章文部科学大臣政務官を迎えて開かれる
(主催=NPO法人仕事への架け橋、
 特別共催=共立メンテナンス、日本ドリコム、専門学校新聞社)
▽文部科学大臣賞(最優秀賞)は富山県立富山中部高等学校の辻井優里奈さんに
全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクールの第10回大会を記念して
『第10回大会記念の夕べ』開催
第10回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール臨時増刊号発行
2015年(平成27年) 11月 第11回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクールの表彰式
(主催=NPO法人仕事への架け橋、
 特別共催=共立メンテナンス、日本ドリコム、日本メイクアップ連盟、専門学校新聞社)
▽文部科学大臣賞(最優秀賞)は宮城県農業高等学校の土谷移月さんに
12月第11回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール臨時増刊号発行
2016年(平成28年) 3月 つながろう陸前高田To(と)高田馬場「被災地視察と被災者交流の旅」実施
(主催=NPO法人仕事への架け橋、
 特別共催=学校法人国際共立学園・国際理容美容専門学校、
 後援=専門学校新聞社)
11月 第12回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクールの表彰式
(主催=NPO法人仕事への架け橋、
 特別共催=共立メンテナンス、日本ドリコム、日本メイクアップ連盟、専門学校新聞社)
▽文部科学大臣賞(最優秀賞)は横浜共立学園高等学校の熄シ真由さんに
12月第12回全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール臨時増刊号発行