logo
専門学校新聞ニュース
進路指導の課題と実践
専門学校の賢い選び方
専門学校何でも用語事典
職業カタログ
資格カタログ
専門学校カタログ
リンク集
年間購読申し込み
専門学校新聞社プロフィール
 
■学校基本調査
■イベントナビ
■「私のしごと」作文コンクール
 
株式会社専門学校新聞社
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場
3-20-11
TEL(03)3364-5721
FAX(03)3360-6738
E-Mail:info@senmon.co.jp
   [行政][団体・協会][スポーツ][コンテスト][キャンパス]
もどる
外務省で「平成30年度外務大臣表彰式」が開かれ、メイクアップアーティストのトニータナカ氏が受賞、日本の「kawaii」文化を世界に広める(平成30年7月24日)
 外務省は7月24日、東京・港区麻布台の飯倉公館で「平成30年度外務大臣表彰式及びレセプション」を開いた。今年度は205個人、49団体(うち国内在住受賞者34個人、6団体。海外在住受賞者171個人、43団体)に河野太郎外務大臣から表彰状が贈られた。

 外務大臣表彰は、国際関係のさまざまな分野で活躍し、我が国と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をする中、特に顕著な功績のあった個人及び団体をたたえるもの。また、活動に対する一層の理解と支持を国民各層に願うことを目的としている。

 今年度は、理美容学校と関係の深いメイクアップアーティストのトニータナカ氏=写真左=も受賞した。タナカ氏は、ヘアメイクや美容分野のほか、日本の「kawaii」文化や理美容文化の海外発信に注力している。一般社団法人日本メイクアップ連盟代表理事として、世界に通用するメイクアップアーティスト育成の貢献が高く評価され、このたびの受賞に繋がった。

 河野外務大臣から表彰されたタナカ氏=写真右・左側=は「このたびの受賞は、50年に及ぶメイクアップアーティストとして、またクールジャパンの一翼を担う『kawaii』文化の普及活動が認められた証であり大変光栄なこと。今後も日本の理美容学生とともに『kawaii』文化を世界に発信していきたい」と喜びを語った。

   ◇    ◇

 タナカ氏は20歳でワーナー・ブラザースが手がけた映画のメイクアップを担当。これを機に単身アメリカに渡り、ハリウッドでビューティーメイクや特殊メイクで幅広く活躍した。帰国後は日本とアメリカとの架け橋となったほか、メイクアップアートの研究成果を、日本はもとより台湾や中国の若者たちにも指導している。「全国理美容学校『kawaii』選手権大会」もその活動の一つで、選抜された「東京kawaii大使」をアジア各地に派遣して文化交流を重ねている。現在は、株式会社トニーズコレクション代表取締役社長、一般社団法人日本メンズファッション協会の上席執行役員を務めている。

 またタナカ氏は、職業観と勤労観を養う「全国高校生・高等専修学校生『私のしごと』作文コンクール」を主催するNPO法人仕事への架け橋の理事長も務め、日本の高校生や専修学校生の就業支援にも力を注いでいる。日ごろからタナカ氏は、限りない可能性を秘める若者に、「思い続ければ、夢は叶う」と自らの体験を語っている。

もどる